COMPANY HISTORY

(X)S.M.L was founded in 1999 by the acclaimed Indonesian designer Biyan Wanaatmadja. Biyan has successfully managed to blend his innovative visions in high couture into a ready-to-wear line that would be accessible to larger, unisex audiences. (X)S.M.L has been known as the brand that places great importance in creating fresh and contemporary collections that can be worn time and again. (X)S.M.L reinvents fashion staples by putting a fresh spin on everyday wear, achieving a perfect balance between fashion and comfort through working with versatile but comfortable fabrics. Commercial reception has been prolific for over a decade, (X)S.M.L has grown to more than 12 boutiques throughout Indonesia and 2 in Singapore.

 

(X)S.M.Lは、Biyan Wanaatmadja(有名なインドネシア人デザイナー)によって1999年に設立されました。 Biyanは、革新的なビジョンをハイクチュールに融合させ、多くのユニセックスが手に取ることのできる既製服ラインとすることに成功しました。

(X)S.M.Lは、時代を問わず新鮮で現代的なコレクションを生み出すことを重視するブランドとして知られています。 (X)S.M.Lは、多彩かつ心地の良い生地を使用することにより、ファッションと快適性の完璧なバランスを実現し、日常に新鮮な要素を取り入れてファッションを作り直します。

10年以上にわたり、(X)S.M.Lはインドネシアに12店以上とシンガポールでの2店へ規模へと成長してきました。